- DOKO一級建築士事務所のBLOG -

DOKO一級建築士事務所は
富山県射水市を拠点に活動する建築設計事務所です。
http://www.doko-arch.com
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
再梅。

暖かくなったと思えば、
本日は大変寒く、手足が悴んでいます…。


23日土曜日は、
建築家 安藤忠雄さんの講演会が富山市でありました。

『 まちが人を育てる -21世紀の子供たちへ 』

私は今回も、会場スタッフの一人として参加していました。
思えば、参加した講演会は、
富山、石川、東京、兵庫…と7回目です。

相変わらず、会場は参加される方々で満員となり、
皆さん、素敵な週末を送られたことと思います。


お天気もコロコロ変わり、
めまぐるしく過ぎた一週間。


本日はU邸の一年点検でした。
お施主様、施工者様、設計者で、点検を行い、
不都合な点、補修をする部分を確認し合いました。


お引き渡し時は、まだお腹の中にいたお子様が、
元気いっぱいで、素敵な笑顔を見せてくれ、
とてもあたたかな時間に。

そして、元々この土地にあった庭の梅の木も、
リビング 土間から、素敵な姿を見せてくれました。




この姿を眺める為に、
設計したリビング 土間。

一年前の今頃、
現場の最終工事が終わった日。

皆さんが帰られて、
ちょうど満開を迎えた美しいこの姿を
ここで一人、眺めていたのを
つい最近のことのように、覚えています。


キッチンでは、
奥様が製作されたウォルナットの椅子が!!

床の杉板、
集成材と青色のポリで作られた造作キッチン、
そしてウォルナットの椅子で、
とても素敵な空間になっていました。





生活しながら、
工夫をして、
愛情を持って、
共に時間を重ねていっていただけているのが、
伝わってきました。

とっても素敵な時間となりました。
有難うございました。


明日の週末と、
明後日からの1週間。
一体 どんな素敵な出逢いがあるのでしょうか。

皆さん、充実した週末をお過ごしくださいね。

FROM akiko.d




---------------------------------------------------------

『衣食住-20110101』
DOKO一級建築士事務所 のBLOG

DOKO一級建築士事務所は、
富山県射水市で住宅・店舗等の建築設計を行っています。

HP     http://www.doko-arch.com
mail   info@doko-arch.com

銀杏。

外に出ると、どこからか金木犀の香り。

空を見上げると、空高く細長い雲。


秋 本当に大好きです。


本日は、午後からU邸の庭造りのお手伝いへ。
携帯でも、綺麗に撮れるものですね。
一部をご紹介します。


以前建っていた住宅の瓦を利用して、
隣地境界に2段積みに瓦を並べていきました。
京都などでは、よく瓦を平たく積み重ねた塀を見かけます。
その瓦を縦に置いて、低い塀を作ります。
外部の空間を囲みすぎず、
視線を誘導していきます。




土間から庭へ続くスペースに、棟瓦を並べました。
そして、雨落ち。




正面土間の仕上げ。




以前建っていた住宅も、大変大きな住宅でしたので、
14パレットも瓦がありました。もうすぐ終了です。




お庭にあった梅擬。
青空に赤い実が映えます。




お向かいには、銀杏の木が!!!
もう色づきはじめています。




そして、今日の大発見!!
これ、何か解りますか?



庭工事をして草を処理していたとき。
風が吹くと、今まで金木犀の香りがしていたのに…。
え!??レモン??? な香り。
ほんとに、庭中がレモン!!!

正体はこれ。レモンバームでした。
たくさんのレモンバームがお庭に。

いい香り〜!!!
思いつくのは、お疲れな日に
ハーブティー!?

いやいや、やっぱり
生春巻きかぁ!??


金木犀だ、紅葉だ、と秋を満喫しているといいつつ。

結局は…
食欲の秋には勝てないようです。笑

急須。

随分、朝晩と涼しくなり、
一体どんな服装をして良いものか…
迷う季節になってきました。

そんなこれからどんどん寒くなっていく季節をわくわく迎えれるものが、
私の手元に届きました。


石川県内灘町の陶芸家 岩崎晴彦さんの 急須と湯呑。
内灘の土を感じる触り心地、使いやすい形状
心ほっくりくる見た目。

これからの季節にピッタリです。




そして、その岩崎さんには、
U邸のトイレ前の手洗器を作っていただいてました。
A3サイズの手洗器です。

そして、その手洗器をしっかり受けている台は、
元々あった住宅の天井材をアトリエ葵の今井さんにお願いして、
家具へ蘇らせていただきました。



上品に
古臭くなく
けれど
どこか懐かしい。

そんな空間になったと思います。
有難うございました。

家顔。

先日、U邸の玄関アプローチ作りをしてきました。

コンクリート洗い出しにしたアプローチ。
これと土の間の土留め作りです。

スコップで穴を掘り、
瓦を埋め、
砂利を敷いていく。



以前この地に建てられていた住宅の瓦を利用し、
セルフビルドで行う外構に、少しずつ使っています。

ずっと昔からこの家を守ってきてくれていた瓦は、
新しいものとまた違い、
あたたかみがある色合いで、雰囲気を醸し出しています。

玄関、アプローチは、その家の顔になります。
住まいてや、この家を訪れた来客を招き入れる、
素敵なアプローチへ。
まだまだ作業は続きます…。


梅花。

春を迎える花。
梅の花。


U邸に元々この土地にあった梅の木。
一本はそのままで、もう一本は移植しました。
その梅の木に
綺麗に花が咲きました。

あまり良い時期ではない移植だったので、
咲いてくれるのか・・・心配でしたが。
あの強風にも耐え、
綺麗に咲いていてくれました。

実も沢山ついてくれることを
願います。