- DOKO一級建築士事務所のBLOG -

DOKO一級建築士事務所は
富山県射水市を拠点に活動する建築設計事務所です。
http://www.doko-arch.com
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
夢島。

雪が降り続き、

毎回外出するのに、少し気合いがいります。

 

そんな中、思い出すのは

暖かい思い出。

 

 

 

沖縄へ行ってきました。

ちょっと足を延ばして、遠出。

 

台風通過する時期で、

飛行機は飛ぶのかドキドキしながら、

それでも期待を膨らませて。

 

 

 

安定的な美味しいものも

たっくさん食し。

 

そして涙し。

 

 

あの瞬間に戻りたい。笑

 

 

FROM akiko.d
-----------------------------------------------------------

『衣食住-20110101』
DOKO一級建築士事務所 のBLOG

DOKO一級建築士事務所は、
富山県射水市で住宅・店舗等の建築設計を行っています。

HP     http://www.doko-arch.com
mail   info@doko-arch.com

岡崎。

先週末は、雨も降り、
肌寒い週末となりました。

そんな週末、朝4時に起き、
5時の電車にのって、名古屋へ。
一日みっちり研修ののち、
せっかく来たので、友のいる愛知県岡崎市へ。

初めての岡崎市。
クタクタの状態でいった私を
友は 癒しいっぱいの御もてなしをしてくれました。

そんな友の気持ちに応えて、
雨だった土曜日が嘘かのように、日曜日は快晴。


徳川家康の生地である岡崎。



ただいま岡崎城では、
「藤まつり」開催中でした。





満開まではもう少し時間が必要ですが、
快晴の中、まだ少し冷たい風に身を震わせていると、

風にさそわれ、藤の良い香りが。


美しい色合い、
心地よい香り。

今まで思っていた以上に、
藤の魅力を感じることができました。


きっとこれは、
私を迎えてくれた友の御もてなしの心、

心地よい時間が

より一層、
そう思わせてくれたんだと思います。


おかげで、
いつも以上に頭を使い、
移動の疲れもあり、クタクタだった週末が、

心晴れやかに、
新たな一週間を迎えることができました。


本当、感謝でいっぱいです。

そんな新たな一週間の幕開け、
今週も有意義に過ごしていきたいですね。




ちなみに、
胸一杯の日曜日は、
大好物の 鰻を食べたことで、
お腹一杯にもなりました。



今週も笑顔いっぱいで頑張りましょう!!

FROM akiko.d
-----------------------------------------------------------

『衣食住-20110101』
DOKO一級建築士事務所 のBLOG

DOKO一級建築士事務所は、
富山県射水市で住宅・店舗等の建築設計を行っています。

HP     http://www.doko-arch.com
mail   info@doko-arch.com

奈良。

月曜日は快晴だったにも関わらず、
今日は寒々しく、霰や霙が降る天候でした。
みなさん、タイヤの交換は終わられましたか?
私は…まだです…。


週末、土曜日の夕方前に大切な用事があり大阪へ。
そして日曜日。
足を延ばして、何年かぶりの奈良県へ行ってきました。
学生以来です。

すごく過密スケジュール24時間で、
大阪→奈良→京都…。


京都とも大阪とも違う
独特の空気感。
電車で30分の距離でも、
各県の色、香りがあり、
駅についただけで毎回ワクワクします。

今回は滞在時間が4時間もなかったので、
15年ぶりくらいの、王道な東大寺と春日大社へ。
法隆寺までも行きたかったのですが、今回は断念。

日曜日にも関わらず、修学旅行中の学生が多く、
若々しく、楽しそうな姿をたくさん目にしました。















小学生や中学生のころ、
両親や祖父母に連れられて、
世界遺産や国宝、自然、多くのところに連れていってもらいました。

今思えば、もっとしっかり見て、堪能しておけばよかった、
と思うのですが、
そのころの私には、まったく価値が解らず、
早く旅館にいかないかなー。
なんて思っていたことを覚えています。苦笑


歳を重ねて、
今、建築の仕事をしているから、なおさらですが。

少しでも時間があれば、
こういった世界遺産、国宝をはじめ、
様々は建築物、場所へ足を運びたくなります。

旅行へ行っても、仕事かプライベートなのか、
解らなくなることも多々ありますが…
そして、巻き添いにしているみなさま、ごめんなさい。


一眼を持って、身軽に旅に出られる自分でありたいものです。

そしていつかは、恩師であるM先生のように、
スケッチブック片手に、旅する人でありたいです。

小樽。

気がつけば…もう10月。
衣替えをして、長袖になりつつも、
昨日は、現場にいて、
たくさんの蚊に刺されてしまいました。
この時期の蚊は強力で、
大変痒くて仕方がありません…ガックリです。笑


まだまだ暑かった先々週の週末、
1泊2日という強行スケジュールで、
北へ。

諸事情が重なり、急遽向かった初めての北海道。
行き先は、異国情緒溢れる街 小樽。










今でも歴史的建造物が数多く残っていて、
歴史やロマンを感じる事が出来る小樽の街は、
とても魅力的な素敵な街。

規模的にも、1日で十分まわることができるので、
弾丸小樽を十分満喫することができました。
もちろん食も堪能。




そして、唯一自分のために小樽で買ってきたものが…これ。
気が早すぎる私が選んだ、
ガラス細工のサンタとプレゼント。
木の上に置いてみました。笑
12月になると、殺風景な事務所に、
このサンタさんがお目見えする予定です。


残すところ後3カ月の2012年。
その3カ月で、あとはどこへ足を運ぶことができるでしょうか。
楽しみを残しつつ、
メリハリをもって日々の活動を頑張っていきます。

直島。

打ち合わせを終えたあと、
外気温の表示をみたら、
なんと…38度。

数値を見るだけで、倒れそうになりました。
残暑まだまだ厳しいですね。
旅先では、一体何度だったんでしょうか・・・。

それくらい暑かった島。
久々に足を踏み入れた島。


直島。
















私が以前、直島へ行ったときは、
こんな大きなフェリーターミナルは、まだありませんでした。
設計は、SANAA。

久々のかぼちゃさん。
草間彌生さんの「赤かぼちゃ」

金沢21世紀美術館でも良く目にするものも、
直島で目にすると、少し違って感じます。

今回は、前回みた家プロジェクトは回らずに、
地中美術館へ直行。
直島はすごい人でしたが、
そこまで待たず、すんなり入ることができました。

地中美術館は、モネ、ウィルターデマリア、タレルの3作品を恒久設置する美術館です。
自然の光や風を取り込み、
同じ作品でも、天候や時間によって表情を変える美術館です。

最初に足を踏み入れた場所は、モネの部屋。
部屋にはいった後、まっさきに目に入ってきた光景、
あの感覚は、今でもゾクゾクと心にきます。


次この島にくることができるのは、
これから何年後…でしょうか。
また訪れたい島です。