- DOKO一級建築士事務所のBLOG -

DOKO一級建築士事務所は
富山県射水市を拠点に活動する建築設計事務所です。
http://www.doko-arch.com
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
漆器。
最近、快晴が続き、
紫外線を気にしながらの活動が続いていましたが、
本日はあいにくの雨。

今日は朝から、計画予定地の地盤調査をお願いしていたので、
作業をされる方の大変さを思うと、こんな降り方しなくても…と
空を見上げてばかりいた日となりました。

そんなお天気ばかりが気になった今日の投稿は、
話は変わり。
先日、いつもお世話になっている先輩と共にご招待いただいた、
建て主様ご夫婦とのお疲れ様会のお話。

設計段階の思い出話や、
引き渡しを終え、一冬過ごされたお家の話。
なるほど!と思う使い方や、
さすが!!と思うセレクト。
面白エピソードや写真も見せていただき、
愛情持って毎日お過ごしいただいているのが伝わり、
嬉しく、温かい気持ち一杯、
大変楽しい時間を御一緒することができました。






そしてサプライズ!の贈り物。
とても素敵なジュエリーボックスをいただきました。
なんと、この世に2つしかない代物です。
色違いで奥様と私の(^^)

漆の箱に、ひとつずつ付けられた貝殻の花模様が、
とても可愛く、美しく、職人技が一層輝いています。

ジュエリーを使うために、箱を開ける時。
一日使用したジュエリーを仕舞う時。
その時、その時を大切にできる、気持ちを高めてくれるような贈り物。

漆箱も、御一緒した時間もとても大切なものとなりました。
有難うございました。



ついでに、その席で少し話題となった大阪でのこと。
大阪でのとある用事の合間に、
大阪・神戸で行きたかった場所へ。
強行スケジュールで行ってきましたので、その記録を少し。

これまで大阪へ行っても、
なかなか足を延ばすことができなかった
安藤忠雄氏設計 「光の教会」






あいにくの霧…でしたが、それがまた幻想的だった
三分一博志氏設計 「六甲枝垂れ」







建築見学目的が優先ではなく、
大阪行事が目的の時間でしたので、
一眼ではなく…コンデジ撮影です。

誰か私に、このコンデジの使い方を教えてください…。
はっきり言って、
何年たっても、何度いっても、
使いきれません。笑

自分の機械音痴は解っていても、
いつも不満が残る結果へ。


素敵な時間、素敵な漆の感動を伝える文章能力。
素敵な建築をみた感動を伝える写真能力。
どちらも腕を磨きたい…

どうも伝えきれませんが、
ただ、私の心はポカポカです。笑


FROM akiko.d
-----------------------------------------------------------

『衣食住-20110101』
DOKO一級建築士事務所 のBLOG

DOKO一級建築士事務所は、
富山県射水市で住宅・店舗等の建築設計を行っています。

HP     http://www.doko-arch.com
mail   info@doko-arch.com
朱印。

2014年4月最後の本日。
先週末からGW休み。
世の中では、11連休の方もいらっしゃるのでしょうか。
私は3連休になりそうですが、11連休もあれば日本を脱出していたいものです。


お天気が良い日もあり、ポカポカ暖かくなってきたので、
どこかへ出掛けたくなりますね。

なので、更新してないこの1ヶ月の間、
時間を見つけてはちょこちょこ出掛けております。


4月半ばに立ち寄った3年ぶり?の生田神社。







昨日、朝5時半に起きて
向かった永平寺。






御朱印もいただいてきました。

私は寺院と神社と分けているので、
持ち歩くのは・・・多少、カバンの制限もでてきますが。
基本身軽に。



未だに使いこなせていないコンデジを持ち歩くことが多く、
またスマートフォン撮影も多くなってきてしまったので。
あんまり出番のない一眼。

けれど、やっぱり一眼が好きで、
新しいものも・・・欲しくなってきたり・・・してみたり・・・!???

苦笑

ただ、増税前の駆け込みの波に乗り切れなかった私なので、
当分はお預けです。


GW中の方は、充実した時間を!!
GWに向けて、只今お仕事必死な方は、お互い頑張りましょう!!
GW関係なしにお仕事の方は、それ以外の休日が充実した日となりますように!!

皆さん素敵な5月をお過ごしください。

FROM akiko.d
-----------------------------------------------------------

『衣食住-20110101』
DOKO一級建築士事務所 のBLOG

DOKO一級建築士事務所は、
富山県射水市で住宅・店舗等の建築設計を行っています。

HP     http://www.doko-arch.com
mail   info@doko-arch.com

松本。

本当に寒い日が続きますね。
事務所の玄関戸の隙間から、
ピューピュー風が吹いてきて、
体がガタガタ震えます…。

そろそろ、おしゃれなストーブが欲しい…
と思う日々です。


最近のブログが、
旅ネタで、見てきた建築物ばかりになってしまうのは、
どうか御了承ください。苦笑


多分、これで今年最後になるであろう、建物探訪。
締めくくりは、先日研修でいった松本。
建物探訪できる時間が、2時間くらいしかなかったので、
急いで回りました。







ベタに「松本城」!!!
この日は快晴で、黒い堅固な天守が映える
美しい姿を見ることができました。

最小限の窓が続く内部の連続。
最後に見た「月見櫓」 (写真がありませんが…)
今までの空間とは違い、三方がふきぬきになる開放的な櫓は、
大変気持ちよかったです。


それと、もうひとつ。
松本城からテクテク歩いて、向かった先には。
「松本市民芸術館」
行こうと思えば、すぐ行けるのに、
なかなか行けなかった場所です。
伊東豊雄氏設計です。

外観は、ガラスが埋め込まれているコンクリートの板で構成され、
そのガラスを通して、柔らかな光が館内に降り注いでいました。

夜はもっと素敵な表情を見れそうな予感!!にも関わらず、
時間がなくて…断念。












少しの時間でしたが、
とても有意義な時間を過ごすことができました。

今年は、北は北海道、南は…岡山? 笑 まで、
ちょくちょく時間を作っては、出歩いた一年でした。

後は、金沢21世紀美術館で現在会期中の
面白そうな展示をみるくらいでしょうか。

ブログには投稿できてませんが、
北陸にも素敵な建築物はたくさんあります。

これからも雑誌に掲載されている写真を見るだけではなく、
実際現地に行き、体感できるようにしていきたいです。


そして建築探訪ばかりではなく、
現場や竣工している住宅の投稿もしていかなければ…。
まずは、竣工写真がんばります!!!

寒い日々、あわただしい日々となりますが、
体に気をつけて、
そして忘年会の暴飲暴食に気をつけて、
一年を締めくくる、最高の準備をしていきましょう。

完結。

今日は昨日の雨が嘘のような快晴。
気持ちが良い光が事務所内に入ってきています。
と思っていると、雲行きが怪しい空に…

…冷たい。

最近毎朝。
紅茶の中に摩り下ろした生姜とハチミツを入れて飲むことに、
小さな幸せを感じています。笑

100円均一で買った、下ろしスプーンの便利なこと!!!
生姜を摩り下ろしたら、そのままカップへ。混ぜ混ぜ。
私のお気に入りです。


昨晩は、京都・大山崎建築ツアーの幹事メンバーと
反省会+今後の方針を話す、打ち上げがありました。
このツアーをきっかけに、会員同士ももちろん、
幹事同士も勉強になったり、親睦を深めることができました。

そんな旅の最終章。
今日は急いでいきます…苦笑

妙喜庵を後にして、次に我々が向かった先は。


「 聴竹居 」

私が一番行きたかった場所です。
撮影許可はとったので、
私の手元には素敵な内部の写真も山ほどありますが…
掲載許可をとっていないので、外観のみの写真になります。

坂道をのぼり、のぼり、のぼり、まだまだのぼった先にある
アプローチ。 また上る・・・







聴竹居は、日本で最初に環境共生住宅を志向した建築家
藤井厚二氏の自邸です。

内部は、細かなデザインはもちろん、
居間を中心に構成され、
つながりながらも各自が居場所を作ることのできるプランです。

なによりも、この写真に見える横連窓の縁側の空間が最高です。
周りとの高さ、目線、外部の木々との関係、
風景をとりこむしつらえに、胸を鷲掴みにされました。

そして、説明をしてくださったガイドの方が、
食い入るように話を聞く私たちと共に、
どんどん話が弾み・興奮してお話をしてくださいました。

この土地、この建物をすごく大切に想い、敬愛しているのが伝わり、
大変充実した時間を過ごすことができました。


その後、
また坂を下り、のぼってのぼってのぼってのぼって・・・
苦しくなりながら、到着した場所。


「 大山崎山荘美術館 」





こちらも、写真がいまいち過ぎて、すいません…。
内部の写真は撮影不可でしたので、微妙に傾いている…外観写真を。

安藤忠雄氏によって増築された
「地中の宝石箱」
周囲の豊かな景観に溶け込むように、
地中に埋め込まれています。

階段を進み下ると、円形ギャラリーに
クロード・モネ「睡蓮」が展示してあります。

なんだか、今年はモネの「睡蓮」をあちこちで目にしている気が…。
モネの年になりました。


美術館を後にして、バスで快適に坂を下った後は、
仲良し3人組で、大山崎のランチを堪能。


そこから、
みんなで向かった先は。


「 伏見稲荷大社 」









参加者の中には、独立して仕事をしている人も多数いることから。
ツアー最後の地に選ばれた
商売繁盛 の 伏見稲荷大社。

鳥居をくぐり、くぐり、くぐり、くぐり…階段をのぼり、のぼり、のぼり…
最終的に頂上まで行けたのは、一人だけでした!

それはわたしでは…ありません。
当然ながら…。笑


ツアー2日目は、
1日目以上に歩き、坂・階段をのぼり、くだった一日となりました。
帰りの車の中でも、立ち寄ったサービスエリアでも、
なかなか話はとまらず。

旅を共にすると、
距離は一気に縮まります。
名建築を見、京都・大山崎を堪能する。
それと共に、
会員同士の距離が縮まり、次のイベントへつながる時間を過ごせたこと
お協力くださった正会員の方々に感謝いたします。

みなさん、お疲れ様でした。
充実した旅を有難うございました。


ということで、ツアー最終章 無事完結しました。

おしまい。

待庵。

週末、体調が良くなったことを良いことに、
たくさん出歩きました。
加賀、黒部。
見てきたもの、聞いてきたことで
心に響いたこと、感じたことがたくさんある素敵な週末となりました。

そして、それと同時に。
カメラは写真がいっぱい。
京都旅行を確実に書いていかなければ…苦笑。

ということで、
京都・大山崎ツアー2日目。
私たちは、京都市内から大山崎へ向かいました。



京都と大阪の境に位置する山崎。
山崎といえば、
本能寺で明智光秀が織田信長を倒した後、
豊臣秀吉によって討たれた「山崎の戦い」の地。

その戦いの重要拠点であった天王山の麓。
そこにたたずむ寺院が妙喜庵です。


「 妙喜庵囲待庵 」













秀吉が光秀を打とうとして山崎に至ったとき、
千利休を招いて二畳隅炉の茶室を造らせました。
その後解体され、この妙喜庵に移された、と言われています。

その千利休の構想で建てられ、現存する茶室建造物として、
日本最古のものである 待庵。
(残念ながら写真はNGなので、模型写真で!!)

この茶室は2畳。
その2畳の空間には、窓の配置、素材、いろいろな構想が見られます。

現在の住宅等で、2畳と聞くと狭い!!と感じますが、
その2畳の空間に、これだけのものが込められている。

目を閉じると、
その当時の秀吉と千利休の密談?が、
目に浮かぶようです。


たった2畳。
されど2畳。

1つずつ大切に、誠実に
向き合い、進めていきたいです。